敬心学園学術研究会

第14回 敬心学園学術研究会

開催趣旨

第14回敬心学園学術研究会を、来る2017(平成29)年6月25日(日)、日本リハビリテーション専門学校にて開催することになりました。本会は、第10回まで臨床福祉専門学校が中心となり運営してまいりましたが、第11回以降より敬心学園グループ5校(日本福祉教育専門学校、日本リハビリテーション専門学校、臨床福祉専門学校、日本児童教育専門学校、日本医学柔整鍼灸専門学校)が順次、主幹校となって開催する合同学術研究会となりました。

敬心学園は2016年、30周年という節目を迎え、福祉、医療、保健、保育の専門職養成校のパイオニアとして、今後さらなる少子高齢化とそれに伴う社会政策や社会ニーズに応えるべく人材の育成が期待されています。2005年、介護保険改正の介護保険事業計画において初めて「地域包括ケアシステム」という言葉が使われましたが、地域に生活する高齢者の住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供するためのケアシステムを意味し、背景には少子高齢化の問題があります。地域包括ケアシステムは「21世紀型コミュニティの再生」とも言われ、その中で活躍する専門職の育成が急務とされます。

今回、研究会のテーマを「地域包括ケアに貢献する専門性を推進するためのコンピテンシー」とし、敬心学園グループ校の目標とする"実践力がある専門職の育成"に向けて、それぞれの専門職にどのような行動を身につけてほしいかを、教育実践や、地域で求められる専門職の在り方も踏まえ、テーマとしました。「コンピテンシー」とは、企業等人材活用において、高い業績を収める人の持つ行動特性などを指します。敬心学園グループは「地域包括ケア」の中でより質の高い人材の育成、輩出をすることが使命とされており、この研究会を通してより一層の社会貢献ができることを期待しております。

開催要項

日時:
2017年6月25日(日)10時〜16時00分
会場:
日本リハビリテーション専門学校 (東京都豊島区高田3−6−18) 
タイムプラザ・イセ (東京都豊島区高田3−18−2) 
ポスター発表: 10時10分〜12時30分
分科会: 12時45分〜13時45分
基調講演: 14時00分〜15時20分
テーマ
「地域包括ケアの現状と課題」
講演者
田口 孝行 (埼玉県立大学教授)
総括: 小林 光俊 (学校法人敬心学園 理事長)

演題募集要項

医療・福祉・保育に関わるすべての領域の演題を公募いたします。
多数の皆様のご出題、ご参加をお待ちしております。

演題募集期間

2016年12月1日(木)〜2017年2月28日(火)

演題の応募方法

下記の要領により、Microsoft Wordによりファイルを作成し、メールに添付して送付してください。

  1. ①入力項目は、演題分野、演題名、演者氏名、所属機関、電子メールアドレス(発表演者)、電話番号、住所および抄録本文です。
  2. ②演題名は12P、その他はすべて10.5Pで作成してください。
  3. ③本文は800字以内、文字の大きさは10.5Pとします。
  4. ④発表演者には○を付け、ふりがなも付けてください。
  5. ⑤共同演者がいるときは、右肩に小文字の数字を付け、所属機関欄に同一の数字を最初につけ機関名を記入してください。
  6. ⑥ご希望の発表形式に○を付けてください。但し、申込数により、ご希望に添えない場合がありますので、予めご了承ください。
  7. ⑦ホームページから申込用紙、抄録用紙をダウンロードして頂き、記入後、メールに添付して担当まで お送りください。

    PDFファイル募集要項はこちら WORDファイル抄録用紙はこちら

    PDFファイル申込用紙(PDF)はこちら WORDファイル申込用紙(WORD)はこちら

  8. ⑧受領確認は担当よりメールにてお知らせいたします。
演題の発表形式

口演発表またはポスター発表といたします。

<口演発表>
1. 発表時間
  • 発表時間は、1演題につき合計20分(発表15分/質疑応答5分)の予定です。
2. 発表形式
  • 発表は全てPCによる発表をお願いいたします。
3. 発表用機材
  • 発表用機材として下記をご用意しております。
    発表用機材:Windows7/Microsoft PowerPoint 2010
4. 発表用データ
  • 発表用スライドは、原則下記いずれかのパージョンの Microsoft PowerPoint にて作成ください。パージョン:PowerPoint2007、2010
  • フォントは文字化けを防ぐために WindowsOS標準Century, Century Gothic,Times NewRoman, MS明朝、MSゴシックを推奨いたします。OSや機種に依存した特殊文字の使用はお控えください。
  • 発表に使用するPCの解像度はXGA(1024×768)です。PCの解像度をXGAに合わせて、スライドを作成ください。
  • アニメーションやその他機能を使用する場合、PowerPoint 2010に機能がないものは当日使用することができませんので、スライド作成の際はご注意ください。
5. 持込PCについて(Macintoshの場合)
  • 会場にて使用するPCケーブルコネクタの形状は「ミニDsub15ピン(VGA端子)」です。MacのPCを持ち込まれる方は、変換コネクタを必ずご持参ください。また、パソコンのACアダプタも必ずご持参ください。
<ポスター発表>
1. 発表形式
  • 全体の進行役がつき、タイムキーパーを行います。
  • ポスターの全体説明を行いますが、座長はつきません。
  • 所定の時間になりましたら、順次発表となります。
  • ※発表時間中は、会場内にいるようにお願いいたします。

2. 発表時間(10時10分〜12時20分)
  • 発表時間は、1演題につき合計10分(発表7分/ 質疑応答3分)の予定です。
3. ポスターサイズ
  • 会場内の指定されたポスターボードに、ポスターを掲示してください。
  • ポスターパネルの大きさは、縦2,100(2,000)mm横900(850)mmです。使用方法は問いませんので、図表・写真・説明文等を自由に記載ください。なお、タイトルスペース(縦300 mm 横850 mm)に演題名、所属、氏名を表示と本文(縦1,600 mm 横850 mm)をご用意ください。
4. 掲示日時
  • 掲示日時:2017年6月25日(日)9時〜9時50分までの間にポスター用ボードに貼ってください。
ポスター発表
演題採択結果の通知

採用結果の通知は、2017年3月31日(金)までにご連絡いたします。

問い合わせ

学校法人敬心学園 日本リハビリテーション専門学校(担当:阿部英人,加藤真紀子)
〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-18
TEL:03-5954-6511
E-mail:keishin14@nichireha.ac.jp

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.