敬心学園ニュース
敬心学園

2016.09.20

専門学校新聞社発行の「専門学校新聞(平成28年9月15日発行号)」に、弊法人理事長、小林光俊の活動が掲載されました。

専門学校新聞社発行の「専門学校新聞(平成28年9月15日発行号)」に、弊学園理事長、小林光俊の活動が掲載されました。

全国専修学校各種学校総連合会の小林光俊会長(学校法人敬心学園理事長)、吉田松雄副会長、中島利朗副会長、関口正雄総務委員長、菊田薫事務局長らは9月1日、文部科学省を訪ね、第三次安倍改造内閣で就任した松野博一文部科学大臣をはじめ、義家弘介文部科学副大臣、田野瀬太道文部科学大臣政務官、樋口尚也文部科学大臣政務官を表敬訪問した。

小林会長らは「全国各地にある専門学校で職業人材の活性化と高度化を図り、生産性を高め、地方創生や一億総活躍という国の政策に対応していきたい」「新しい高等教育機関は実効性と国際通用性のあるものにしてほしい」「留学生が日本で職業教育を学んで就労し、国に帰って日本との懸け橋になれるよう法的措置もお願いしたい」などと要請した。

松野文科大臣は新しい高等教育機関に関係する法案の改正について「秋の臨時国会は日程的にも難しいという認識を示した上で、「新機関の創設に向けてしっかり取り組んでいただきたい」と述べた。

義家副大臣は「日本は人づくりに優れた国だ。今後の課題は制度づくりだ」と語ったほか、高校の生徒指導にも問題がある」と高校における進路指導のあり方に疑問を投げかけた。

田野瀬文部科学大臣政務官は新機関に対して「中央教育審議会をはじめ、国会における法案の成立に向けて万全の準備で対応していく」、樋口文部科学大臣政務官は「様々な改革が総理のもと進行しており、皆様の意見がきちんと届くように頑張っていきたい」などと述べた。

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.