敬心学園ニュース
敬心学園

2017.06.30

第14回敬心学園学術研究会を開催しました。

2017年6月25日(日)、「第14回敬心学園学術研究会」を敬心学園グループ5校(日本福祉教育専門学校・日本リハビリテーション専門学校・臨床福祉専門学校・日本児童教育専門学校・日本医学鍼灸柔整専門学校)で合同開催いたしました。
会場は、今年度主幹校である日本リハビリテーション専門学校でおこないました。

開催にあたっては、第14回敬心学園学術研究会 会頭 陶山哲夫先生(日本リハビリテーション専門学校校長)より、開催趣旨などご挨拶をしました。

第14回敬心学園学術研究会第14回敬心学園学術研究会

今年度の学術研究会のテーマは、「地域包括ケアに貢献する専門性推進するためのコンピテンシー」です。

午前中のポスター発表では、4グループに分かれて保育・福祉・医療・教育について、本学園の専任講師や在校生ならびに外部企業様から12タイトルの発表していただきました。

第14回敬心学園学術研究会第14回敬心学園学術研究会

午後からは、5会場において、分科会(福祉分野・医療分野・教育分野)がおこなわれ、5校より18演題は発表されました。

第14回敬心学園学術研究会第14回敬心学園学術研究会

基調講演では、田口孝行先生(埼玉県立大学教授)より『地域包括ケア(システム)における専門職の関わり』をテーマにご講演いただきました。

さいごに、統括として小林光俊理事長よりご挨拶をさせていただくとともに、これからの敬心学園としての職業人育成についてお話しをさせていただきました。

「第14回敬心学術研究会」に演題発表いただきました一般のみなさま、ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.