敬心学園ニュース
敬心学園

2018.11.06

「中退率削減のための適切な作問の作り方とは」をテーマに教職員研修を実施しました。

学校法人敬心学園グループ(日本福祉教育専門学校・日本リハビリテーション専門学校・臨床福祉専門学校・日本児童教育専門学校・日本医学柔整鍼灸専門学校)が合同で、教職員研修をおこないました。

作問/岡田先生

本学では、敬心学園5校と学校支援本部が学園合同プロジェクトとして、
『中退率削減プロジェクト』を立ち上げ、継続的に活動しております。

敬心学園のアドミッションポリシーでもある、“「自分を変えたい」「成長したい」という
志を持つ人”が、それぞれの専門職を目指して入学してきた在校生に対して、ドロップアウトせずに学生一人ひとりの「成長したい」「こうなりたい」という気持ちに寄り添い志を育むこことを目指しています。
教職員研修もそのポリシーの一環として開催いたしました。

今回の研修では、定期試験の成績不良からくる自信喪失やモチベーション低下を防ぐための作問方法やカリキュラム、シラバス作成について学びました。

講師には、㈱総研コーポレーション代表取締役社長 岡田雅先生をお招きして、ご講演いただきました。
岡田先生からは、「高等教育の現状について」、「カリキュラムやシラバスについて」、「テストの作問方法について」などより具体的で実践的なご説明をいただきました。
参加した本学の教員や非常勤講師からは活発な質問が寄せられました。

敬心学園では、このように教職員を対象とした研修を定期的におこない、スチューデント・ファーストの視点で全教職員の意識向上とスキルアップに向けた取り組みを積極的におこなって参ります。

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.