敬心学園ニュース
敬心学園

2014.06.09

第11回敬心学園学術研究会を開催しました。

第11回敬心学園学術研究会

主幹校:
日本医学柔整鍼灸専門学校
参加校:
日本福祉教育専門学校・日本リハビリテーション専門学校・臨床福祉専門学校・
日本児童教育専門学校

平成26年5月31日(土)・6月1日(日)の2日間、敬心学園5校合同で「第11回敬心学園学術研究会」を開催しました。
(主幹校:日本医学柔整鍼灸専門学校/会場:臨床福祉専門学校)

今年のスローガンは、「存在の上にある無限に迫る」です。
また、シンポジウムでは「スポーツと医療・福祉・保育」、フォーラムでは「専門学校教育の実践力-学生の学びの体験から」をテーマに各校から教員や学生が発表をおこないました。
一般演題は48演題のご応募をいただきました。

  • 敬心学園学術研究会
  • 敬心学園学術研究会
  • 敬心学園学術研究会

そのほかに、特別講演として「オーストラリアの専門学校の視察概要の報告」と「データから見た最近の学生の学力」の2講演をおこないました。
また主幹校である日本医学柔整鍼灸専門学校の鍼灸学科では、鍼灸実技供覧として筑波技術大学 形井秀一先生による「レディース鍼灸」の実技をおこない、多くの在校生や卒業生が熱心に参加していました。

今年で11回目となる学術研究会ですが、学園内外から630名の多くのみなさまからご参加をいただきました。ありがとうございました。

  • 敬心学園学術研究会
  • 敬心学園学術研究会
  • 敬心学園学術研究会

第12回敬心学術研究会の主幹校は、日本児童教育専門学校です。
保育士・幼稚園教諭養成の専門学校らしい演題とともに、医療・福祉・保育分野のパイオニアとして敬心学園グループ5校でさらなる研究を進めてまいりたいと思います。

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.